経済力が低くても自分に自信を持ち、内面が素敵な男性が真にモテる男性です。

男性の経済力

 

経済力があれば女性にモテるのか

 

と言えば一概にそうだともいえません。

 

男性の経済力を示すお金

もちろんある程度の経済力はあったほうがいいでしょう。女性は現実的に物事を判断します。

 

フリーターがモテるかと言われれば、必ずしもモテるとは言えません。しかし、例え給料が安くても、安定した仕事についていれば、女性から敬遠されることは無いはずです。

 

現在は女性も働いている人が多く、自分の仕事のステータスも高いことから、一昔前のように専業主婦を求める女性は少なくなっています。

 

その代わり、男性も一昔前のように、家事や家のことを全て女性に任せてはいけません。

 

また、自分より収入が高いからと言って、変なプライドが邪魔をして意固地になってもいけません。
経済力が低いのであれば、その分、家庭的な部分や内面的な部分の魅力を高くする必要があります。

 

亭主関白な男性

 

亭主関白な性格の男性はモテません。

 

話し上手で聞き上手、包容力があり、頼れる男性であることが大切です。
いかに一緒にいる時間に「自分らしく」いられるかが大事なのです。
もちろん経済力を重視した恋愛相手を探している女性もいることは事実です。

 

しかし、それは人それぞれの好み程度の部類と言えるでしょう。フリーターなど出ない限り、経済力が無いからモテないというのは言い訳にしかならない時代です。どれだけ女性のために尽くして上げられるかがポイントです。

 

経済力が低くても自分に自信を持ち、経済力以外にも自分にはこれだけの魅力があるんだときちんと伝えることのできる男性がモテるのです。
逆に言えば、どれだけ経済力があっても女性に対して尽くすことなく、自分勝手な男性はモテません。

 

経済力の低さに気を落とさずに、自分に自信を持ち、自分の内面を磨く努力をしましょう。

 

内面が素敵な男性が真にモテる男性です。