自身のモテる要素を判断し、それを活かせる女性と出会える場所を考えます。

自分のモテるとこを好きになる女性を探す

モテる要素を考えた上で女性と出会う

モテる男性と聞くと、まるで選ばれた存在のように感じるかもしれませんが、実は男性には誰にでもモテる要素を持っています。

 

それがどこかを自身で把握し、好きになってくれる女性を探すことで、すぐにでもモテる男性になれます。

 

ここで重要なのは、女性と出会う場所を意識することです。

 

つまり、自身のモテる要素を判断し、さらにそれを活かせる女性と出会える場所を考えるのが大切です。これらをおろそかにしてしまうと、いくら周囲に女性がたくさんいたとしてもモテないので、時間のムダになってしまうだけでなく、自信喪失にも繋がってしまうので要注意です。

 

 

女性探しの例

ここで一つ、自分のモテるところを好きになる女性探しの例を挙げてみます。

 

まず、自分のモテるところを最低二つ以上挙げてみます。

“モテるところ”と言われて答えるのが難しければ、“恋愛に活かせる長所”と思えばいいでしょう。
ちなみにこれは多ければ多いほどいいですし、複数挙げる意味としては、出会いの場を限定させるためです。

 

“会話のネタが豊富”、“真面目”、仮にこの二つしか思いあたらなかったとします。
外見は長所に含まれていないですし、一見平凡な男性ですが、これでもモテる男性になることは可能です。まず、長所を元にして、それを好きになってくれる女性がいる場所を考えます。

 

この場合、“会話のネタが豊富”ということで、主戦場はトークできる場所になりますし、“真面目”ということで、真面目な女性が多い場所を考えます。
この二つに合う条件の場所を考えると、“何らかのスクール”が場所としてヒットします。

 

スクールであれば、趣味にしても仕事のためにしても、それを本格的に習っている女性は、根は真面目ですし、会話のネタが豊富であれば、スクールで出会った見知らぬ女性に対しても互角にトークができます。

 

一見警戒されがちに思うでしょうが、そこは真面目な性格でカバーできます。
こうやって、モテる要素を活かせる出会いの場所を考えることで、自分を好きになる可能性が高い女性達に囲まれることが実現できます。

 

この方法は例えるならネット検索と同じです。

「モテる要素1 モテる要素2 場所」で検索するのと同じことをリアルタイムで行っているのです。この検索にヒットできる場所がすぐに思いつくかどうか、それが一つのキーになります。