気配りは「口に出して」するものではなく、さりげない優しさや行動に女性はキュンときます。

こんな気配りができれば合格!

時に女性は容姿よりも、ちょっとした気配りやさりげない優しさにノックアウトされるものです。

 

周りの状況や相手の気持ちを考えて「気を配る」ことは簡単な事ではありません。

 

ですが、

意識することによって女性のハートを掴む気配りができるようになる

のです!

 

 

中には無意識に気配りができる方がいます。
これは体に染み付いているので、ほぼ条件反射で気配っているのです。

 

こういう男性はモテる傾向にありますよね~!

 

ところで女性がキュンとくる気配りってどういうものがあるのでしょうか?

 

 

挙げるとキリが無いのですが、代表的なものをいくつか挙げてみましょう。

 

 

まずは『歩くポジション』。

 

気配り

ここでピンとこない方は気配りできない方かもしれません。

 

女性と並んで道を歩くとどちらかが必ず車の走っている道路側を歩くことになります。

 

危険ですし、雨の日なんかは泥もハネますよね。

 

そこでさりげなく道路側を歩くことが出来れば気配り合格!

 

座ったりする時なんかも景色が見える方に座らせたり、寒くならない方に座らせたりといくらでも気配りできます。

 

 

 

次は『重たい荷物を持ってあげる』。

 

これも王道ではないでしょうか?
一緒にショッピングにでかけたり、旅行に行くと荷物がたくさんになりますよね。

 

女性に重たいものを持たせない!という思いは、気配りや優しさに繋がります。

 

さりげなく荷物を持ってあげることによって、女性の好感度もグっと上がることでしょう。

 

王道な気配りですが、意識しないとできない男性もいるので注意してください。

 

 

 

最後は『男性の特長を活かした気配り』。

 

何の事?と思う方もいるかもしれませんが、これも王道なんです。

 

男性の特長を活かした気配りとはつまり、高い所にあるものを取ってあげたり、ビンのフタを素手で開けてあげたりする気配り&優しさです。

 

 

 

 

他にもまだまだありますが、今回はここまで。

 

最後に気配りは「口に出して」するものではありません。

 

「僕が道路側を歩いてあげる」「俺が持ってやる」とイチイチ発言しても、女性はキュンときませんよ!